「ほっ」と。キャンペーン
Canon Vintage
こんな写真が撮れるといいなぁ
たぶん撮って出しだと思うが、Photoshopで補正・調整すれば、もっと良くなる。

e0356039_10055486.jpg
アクションで作ったレイヤー「トーンカーブ」で

e0356039_10060019.jpg
自動補正をしてあげるだけで変わる、レイヤーの「塗り」スライダーでかかり具合も調整できる。
FDレンズ本来の描写が得られる。

作品は EOS 6D で撮られてるが、CMOSのデータをフィルムのデータに補正してあげるということ。

[PR]
# by fd2eos | 2017-02-20 10:29 | レンズ
Vintage Lenses in a Digital Age
海外の FD55mm F1.2 レンズを 紹介した記事です。




[PR]
# by fd2eos | 2017-02-10 20:19 | レンズ
レンズのプロット
手持ちのレンズを、グラフへプロットしてみる

e0356039_18004586.png
青い点は「フルサイズでの焦点距離」
赤い点は「APS-Cでの焦点距離」
オレンジの点は「ズームの最長焦点距離」
すべて35mm換算です。

赤い点と青い点が1.6倍離れているのは当然。
赤い点の右を見ると、それなりに青い点の距離と重なるのがわかる。


[PR]
# by fd2eos | 2017-01-31 18:12 | レンズ
フルサイズ その2
同じ5D3で、50mm F1.2L。
これも85mmF1.2L同様の被写界深度の浅さなのだが、ピントが合ったところの描写が多少違う。
画面中央と周辺部の違いなのかもしれないが、85mmほどのキレはない。

まぁ縮小すればたいしたことはないんですけど、周辺光量減少も85mmよりはある気がする。

e0356039_13265017.jpg
拡大

e0356039_13230934.jpg



EF24-105 F4L、さすがEFレンズ
描写はさすがだ(絞りの関係もあるけど)
e0356039_13280844.jpg
拡大



[PR]
# by fd2eos | 2017-01-28 13:31 | 撮影
フルサイズ その1
フルサイズ EOS 5D Mark Ⅲ。

実際に実機を手に取ると欲しくなります・・ f^^

New FD85mm F1.2L 本来の画角・焦点距離。
e0356039_15294464.jpg

やっぱり特筆すべきは、その被写界深度の浅さ・・・浅すぎる・・・、鉄道模型には詳しくないのだが、たぶんNゲージ(レール間隔9mm)枕木の間隔はそれ以下だろう。

撮影の難しさは容易に想像できるが、ピントが自分の思惑どおりに決まる瞬間は、まさに試斬に似ている。
Magic Lantern の フォーカスピーキングはうまく働いてくれると思うが・・・。

露出もAPS-C(X4や7D)とは逆で1絞りアンダーめに出る、DPP4で 1絞りほど持ち上げる必要がある、現像方法も模索だ。

ミラー干渉もこの固体では出なかった、あ~悩みますね・・・フルサイズ。

e0356039_11563704.jpg
拡大

e0356039_11564884.jpg
拡大


周辺光量の減少も思ったほどではなかった、オートライトオプティマサイザなどは適応しないほうがいい。
e0356039_11565903.jpg



[PR]
# by fd2eos | 2017-01-28 12:59 | 撮影
  

オールドレンズはデジタルでも昔と変わらずに鮮やかに写し出す。FDレンズをEOS EFマウントに改造する。※正しい縦横比の写真は、オリジナルを見てください。
by fd2eos
プロフィールを見る